【知覚過敏 おすすめ 歯磨き粉】知覚過敏を徹底解説:市販&歯科専売の知覚過敏歯磨き粉ベスト3【2021年】

この記事は約9分で読めます。
にこ博士
にこ博士
冷たいものを食べた時に「キーン」となる 知覚過敏に悩んでいませんか? 知覚過敏について徹底解説します
この記事がおすすめな人
冷たいものが滲みる
知覚過敏用の歯磨き粉の選び方がわからない
おすすめの知覚過敏用歯磨き粉を知りたい

知覚過敏に怯えることなく美味しく食事ができるよう

知覚過敏、そして知覚過敏対策用の歯磨き粉について徹底解説します

この記事を読むことで

どうして知覚過敏になってしまうのか
どうすれば知覚過敏から解放されるのか

これらを完璧に理解することができるようになります

さらに歯科医師のにこが選ぶ「知覚過敏対策用の歯磨き粉ベスト3」を発表します

にこ博士
にこ博士
しっかり学んで、知覚過敏の辛い症状から脱却しよう!

知覚過敏とは?

知覚過敏とは、歯がキーンと凍みる症状のことです

あのキーンとした痛みは、歯の内部にある象牙質が刺激を受けた時に起きます

本来象牙質はエナメル質によって覆われているため、刺激は伝わりにくくなっています

しかし刺激がエナメル質を越えて象牙質に伝わったり(氷など特に冷たいものは健康な歯でも凍みます)、何らかの原因によって象牙質がむき出しになっている状態では凍みやすくなっています

知覚過敏をおこす主なきっかけ

冷たい食べ物や熱い食べ物、甘い食べ物などを食べた時
冷たい空気を吸い込んだ時
歯石をとった時
にこ博士
にこ博士
知覚過敏はむし歯の症状とも似ています! 必ず歯医者さんに相談してくださいね

知覚過敏になる原因

歯周病:歯茎が下がると、象牙質へ刺激が伝わりやすくなります
くいしばり:歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減り、象牙質が露出することがあります
歯の欠け:何かのきっかけで歯が欠けると象牙質が露出してしまうことがあります
酸蝕:酸によって歯のエナメル質が溶けることを酸蝕歯といいます。酸性の食事が原因です
ホワイトニング:歯科医院で行うホワイトニングは一時的に知覚過敏を起こしやすくなります。また、ホワイトニング用の歯みがき粉で荒い研磨剤が入っているものは要注意。歯みがきが原因で、歯茎が下がり知覚過敏を起こしやすくなることも
上記のほとんどが、日常の生活習慣を改善することで対処ができることが多いです
 
歯みがきに熱心な方ほど歯茎の退縮を引き起こし知覚過敏になってしまうことがあります
 
にこ博士
にこ博士
歯みがきが原因で健康を損なうことがあるなんて悲しすぎます 使用する歯磨き粉、歯みがきの仕方には注意しましょう

知覚過敏の解決策

歯科医院で治療してもらう(知覚過敏用の薬の塗布、レーザー治療)

知覚過敏用の歯みがき粉を使う

知覚過敏用の歯みがき粉を継続して使うことで症状を落ち着かせることが期待できます

マウスピースで歯ぎしりから守る

歯ぎしりが原因の場合はマウスピースが必要となります

神経を抜く

最終手段ですが、知覚過敏によって日常生活に支障がでてしまう場合神経をとってしまうことがあります 歯の神経をとるデメリットが大きく、神経をとる前に食い止めたいところです

知覚過敏は自然に治ることもある

にこ博士
にこ博士
歯の神経は刺激を受けないようにする力があります 原因に応じた対策をとることで知覚過敏は治ることが期待できますよ

最強の知覚過敏用の歯磨き粉とは?

歯磨き粉を選ぶ上でのポイントは有効成分です 知覚過敏に有効な成分は4つあります

硝酸カリウム:神経伝達をブロックする
乳酸アルミニウム:象牙細管を封鎖する
フッ素:歯の傷ついた部分を修復する
リン酸カルシウム:歯の構成物質

もう一点考慮したいことがあります

それは「清掃剤(研磨剤)の有無」

上述した通り、歯みがきの仕方によっては知覚過敏を悪化させてしまうことがあります

以前、妻のために最強の知覚過敏用歯磨き粉を選びました

【歯がしみるならヒスケアジェル】歯科医師が選んだ最強の知覚過敏用歯磨き粉です
...

この時は「ヒスケアジェル」を最強の歯磨き粉と考えていました

ヒスケアジェルの良いポイント

研磨剤が配合されていない
フッ素1450ppm
知覚過敏に有効成分を2種配合:硝酸カリウム、乳酸アルミニウム
上記のように、素晴らしい歯磨き粉です
就寝前に使う歯みがき粉としてスペシャルな一品と言えると思います
 
しかしコストがかなり高く、18円/g 
 
知覚過敏用の歯磨き粉は継続して使う必要があるため、継続して使いやすいことも条件として考えるべきと思いを改めました

選定基準

1、硝酸アルミニウムあるいは乳酸アルミニウムを含む
2、フッ素濃度:1450ppm
3、研磨剤は含まない、あるいは低研磨
4、できるだけ低コストで使用感が良い

最低条件として 硝酸アルミニウムを含有し、フッ素濃度が1450ppmの歯磨き粉を選びます

ここから条件を考えていきます

薬効成分:乳酸アルミニウムが含まれるものに着目

私が知るかぎり6種類の歯磨き粉絞られます

松風 メルサージュ ヒスケア ジェル A ソフトミント 60g

ジェルタイプの歯磨き粉で、研磨剤が無配合かつ乳酸アルミニウムも含んだ知覚過敏用の歯磨き粉 ラムネのような味で、使用しやすいと感じております 非常に良い歯磨き粉です
欠点は
値段が高い 17.9円/g

歯科専売品のためお近くのドラッグストアでは購入ができません

毎回の歯磨きでの使用というよりは、就寝前のスペシャルケアジェルとしておススメです
 
 
メルサージュ ヒスケア Ag(知覚過敏症状予防歯磨き剤) グレープフルーツミント(フッ素1450ppm配合)
こちらはペーストタイプです ジェルタイプより少し値段が下がり、15円/g ジェルタイプとの違いは、シリカ、結晶セルロースの2種の清掃剤が配合されている点 着色汚れに効果のあるポリエチレングリコール400を配合している点です
その他、消炎効果のあるグリチルリチン酸を配合しています(私はこの薬効成分は免疫抑制の副作用を考慮すると不要と考えています)
歯科専売品のためお近くのドラッグストアでは購入ができません
 
 
デントヘルス  しみるブロック
 
市販で購入できる歯磨き粉となっています 価格はやや高めの 12.6円/g ライオンの本気が伺える商品で、薬用成分に関して文句はありません
殺菌剤:IPMP(バイオフィルムの中まで浸透して作用すると言われている) 止血剤:TXA(トラネキサム酸) IPMP、TXAはLion史上最高濃度で配合されている 血流促進剤:VE(ビタミンE)まで配合しています
低研磨ではないところが少し気になる
 
ライオン DENT.EX Systema センシティブ
 

MFP、IPMP、トラネキサム酸といった薬効成分を配合
研磨剤は入っているものの低研磨であり、歯を削る危険性はほぼないと言っていいと思います
11.7円/g
 
リカル センシティブ
 

研磨剤無配合のペーストタイプの歯磨き粉
CPC, IPMPといった殺菌成分も入っており、ビタミンEによる血流促進も期待ができる
気になる点は、βーグリチルレチンが入っていること、歯科医院専売品であること
その上で10円/gと価格を抑えていて素晴らしいの一言
 
 GUM プロケアハイパーセンシティブ ハミガキ 知覚過敏ケア 
2021年3月17日に新発売
 

6.7円/gと低コスト
薬用成分は硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)、塩化セチルピリジニウム(殺菌剤CPC)、グリチルリチン酸2K(抗炎症剤GK2)と十分
研磨剤も入っている
コスパは非常に高い
 
しかし同時発売された集中ケアタイプ

GUM(ガム) [医薬部外品] プロケアハイパーセンシティブ ハミガキ 集中ケアタイプ 知覚過敏ケア 高濃度フッ素配合1450ppm 無研磨タイプ 18g

 
驚愕の48.9円/g
研磨剤は無配合
乳酸アルミニウム、硝酸カリウムを配合
フッ素1450ppm
知覚過敏に特化しているけれど、値段が頭おかしい
値段設定、間違ってるんじゃ????
乳酸アルミニウム、硝酸カリウムの配合濃度が高いのかな??
こちらはおすすめできません

研磨剤を含まない知覚過敏用歯磨き粉

研磨剤無配合の歯磨き粉は4種類のみ

リカル センシティブ:上述
メルサージュ ヒスケアジェル:上述
ライオン チェックアップ ルートケア

9円/g
研磨剤無配合

フッ素1450ppm
 
硝酸カリウムのみ
 
塩化セチルピリジニウム(CPC)を配合
 
シュミテクト トゥルーホワイト
 
9円/g
硝酸カリウムのみ
研磨剤無配合だが、ポリリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコール400を配合することでホワイトニング効果を謳っている
殺菌剤は入っていない

効能を最重要視:市販&歯科専売の知覚過敏用歯磨き粉ベスト3

1位、2位は条件を完璧にクリアーしたものを選びました

1位 リカル センシティブ

 
ペーストタイプながら研磨剤無配合
知覚過敏に有効とされる薬効成分2種を配合
フッ素1450ppm
CPC, IPMP,VEの薬効成分も含んでいる
その上で10円/gと価格も抑えている
知覚過敏用の歯磨き粉としてハイパフォーマンスかつ低コストと言える

2位 松風 メルサージュ ヒスケア  ジェルA

リカル センシティブと異なりジェルタイプ
研磨剤無配合
知覚過敏に有効とされる薬効成分2種を配合
フッ素1450ppm
第2位としたのは、そのコストの高さのため
17.9円/g

就寝前のスペシャルケアジェルとして使用することがおススメです

3位  GUM プロケアハイパーセンシティブ ハミガキ

        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3位決定は非常に悩ましかったが、こちらを選択した最大の理由はコスパの良さ
6.7円/gと1、2位と比べてはるかに低コスト
それでいて薬用成分は硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素1450ppm)、塩化セチルピリジニウム(殺菌剤CPC)、グリチルリチン酸2K(抗炎症剤GK2)と十分である
研磨剤が入っていることをどう捉えるかが問題
研磨剤=悪という風潮は歯科医師の中でもみられます
私としても、歯茎が退縮していたり、歯の磨耗が進んでいる方にはオススメしにくいかなとも考えています
しかし、基本的には日本製の歯磨き粉に含まれる研磨剤には歯を削るほどの作用は持たないと考えているため3位としました

コスト最重要視:NONIO(ノニオ) プラス 知覚過敏ケア

NONIO(ノニオ) プラス 知覚過敏ケア
知覚過敏に対する薬効成分は、硝酸カリウムのみ
研磨剤も配合しているものの
フッ素1450ppm
ポリリン酸ナトリウムやCPCを配合
2.8円/gと他を寄せ付けないコスパを誇ります
2021/5/18追記
殺菌剤はCPCではなくLSSでした。誤った情報を記載しており、申し訳ございませんでした。
 

まとめ

知覚過敏用の歯磨き粉は山ほどありますが、見るべきポイントは4点
1、フッ素濃度
2、知覚過敏に対する薬効成分(硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、フッ素)
3、コスト
4、研磨剤(清掃剤)
どれを重要視するかで選ぶべき商品は変わっていきます
私がピックアップした歯磨き粉たちはどれも性能が高いと思われますが、その分コストが高くなりがちでした
 
ライフステージによって選ぶべき歯磨き粉も変化していきます
ぜひ、かかりつけの歯医者さんでも相談されてくださいね
 
にこ博士
にこ博士

あなたのお口の健康をサポートすることにつながれば嬉しいです

今後もよろしくお願いします

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました