メイドインアビスのナレーション総まとめ

この記事は約6分で読めます。

 

第1話

およそ1900年前b南海ベオルスカの孤島に巨大な縦穴が発見された 直径約1000m 深さは今も分かっていない その不可思議な姿は人々を魅了した 貴重かつ危険な原生物達や 理を超えた不思議な遺物が 一攫千金を狙う冒険家を呼びよせ いつしかそこには巨大な街が築かれた 長年に渡って未知へのロマンと数多の伝説を餌に 多くの人々を飲み込んできた 世界唯一最後の深淵 その名を『アビス』という

21:06〜

およそ1900年前

南海ベオルスカの孤島に巨大な縦穴が発見された

直径約1000m 深さは今も分かっていない

その不可思議な姿は人々を魅了した

貴重かつ危険な原生物達や

理を超えた不思議な遺物が

一攫千金を狙う冒険家を呼びよせ

いつしかそこには巨大な街が築かれた

長年に渡って未知へのロマンと数多の伝説を餌に

多くの人々を飲み込んできた

世界唯一最後の深淵

その名を『アビス』という

第3話

闇すらも及ばぬ深淵へとその身を捧げ挑む者たちに アビスは全てを与えるという 生きて死ぬ 「呪い」と「祝福」の その全てを 旅路の果てに何を選び取り終わるのか 決められるのは奈落の意思か それに挑む者だけである

23:05〜

闇すらも及ばぬ深淵へとその身を捧げ挑む者たちに

アビスは全てを与えるという

生きて死ぬ

「呪い」と「祝福」の

その全てを

旅路の果てに何を選び取り終わるのか

決められるのは奈落の意思

それに挑む者だけである

第4話

新たな冒険者達 その胸に溢れるのは 勇気と知恵と 好奇心 その行く手には希望と絶望が 等しくころがっている

00:27〜

新たな冒険者達

その胸に溢れるのは

勇気と知恵と

好奇心

その行く手には希望と絶望が

等しくころがっている

第5話

覚悟しなければならない日常を踏み越えたこの地では 自分たちこそが異物であり敵であり 餌であり 脅威なのだ

不動卿 動かざるオーゼン 無双の怪力を持つ白笛 その目に宿る光は  子ども達にとって希望の光か それとも 不吉の前兆か

01:04〜

覚悟しなければならない

日常を踏み越えたこの地では

自分たちこそが異物であり

敵であり 餌であり

脅威なのだ

21:40〜

不動卿 動かざるオーゼン

無双の怪力を持つ白笛

その目に宿る光は

子ども達にとって希望の光か それとも

不吉の前兆か

第6話

真の秘密とは 夜の闇や巧妙な罠の中ではなく 人の奥底にこそ 隠れている それは隔絶された場所で時を重ねて 純度を高め 得体の知れない 謎へと変わっていく 

01:25〜

真の秘密とは 夜の闇や巧妙な罠の中ではなく

人の奥底にこそ

隠れている

それは隔絶された場所で時を重ねて 純度を高め 得体の知れない 謎へと変わっていく 

第7話

決して 立ち止まらなかった者達がいる 彼らは時として 自らの信念と 同化し 業そのものに 変わってしまう 人でありつつ 人を超えてしまった者たちは 人の目ならざる眼差しで全てを 見つめ続ける

00:00〜

決して

立ち止まらなかった者達がいる

彼らは時として

自らの信念と

同化し

業そのものに

変わってしまう

人でありつつ

人を超えてしまった者たちは

人の目ならざる眼差しで

全てを

見つめ続ける

第8話

不動卿 動かざるオーゼン その度し難いレッスンは 新たなる旅立ちへの試練 アビスの世界で子ども達が生き抜いていくための 生存訓練

00:07〜

不動卿 動かざるオーゼン

その度し難いレッスンは

新たなる旅立ちへの試練

アビスの世界で子ども達が生き抜いていくための 生存訓練

第9話

この世に死ほど平等なものはない どんな生き物にも必ず死は訪れる 死は公平にして 絶対的な理であり 常に我々の傍らにあるだが 人は知恵と勇気を駆使して もがき あがき 最後まで生にしがみつく 我々はこの不公平で不平等な世界が好きなのだ

01:27〜

この世に死ほど平等なものはない

どんな生き物にも必ず死は訪れる

死は公平にして絶対的な理であり

 

常に我々の傍らにある

だが 人は知恵と勇気を駆使して

もがき

あがき

最後まで生にしがみつく

我々はこの不公平で不平等な世界が

好きなのだ

10話

深界四層 俗に深層と呼ばれるこの層の帰還率は三層の比較にならぬほど低い 広がるのはさまざまな命と想いを湛えこぼす奈落の盃 手を伸ばすものに与えられるのは 渇きを潤す美酒か それとも身を焼く毒か

02:20〜

深界四層

俗に深層と呼ばれるこの層の帰還率は

三層の比較にならぬほど低い

広がるのはさまざまな命と想いを湛えこぼす 奈落の盃

手を伸ばすものに与えられるのは

渇きを潤す美酒か

それとも身を焼く毒か

第11話

無数の死を養分に花が咲くように この美しい世界の底には数えきれない悲劇が埋もれている 当事者でもない限り君がそれを知ることはない 君はただ目も眩まんばかりの美しさに心を奪われ 大地を踏みしめて進めばいい 君の悲劇は糧となり 新たな花を咲かせることだろう

00:00〜

無数の死を養分に花が咲くように

この美しい世界の底には数えきれない悲劇が埋もれている

当事者でもない限り 君がそれを知ることはない

君はただ目も眩まんばかりの美しさに心を奪われ

大地を踏みしめて 進めばいい

君の悲劇は糧となり

新たな花を

咲かせることだろう

第12話

憧れは毒より強く 病より深く人を捉える 一度捕まると決して逃げられない それはまるで呪いだが 冒険者達は皆進んで身を投じていく 彼らにとって 憧れの無い人生は「死」よりも恐ろしいのだ

02:45〜

憧れは毒より強く

病より深く人を捉える

一度捕まると決して逃げられない

それはまるで呪いだが

冒険者達は皆進んで身を投じていく

彼らにとって

憧れの無い人生は「死」よりも恐ろしいのだ

第13話

二度と戻れない旅 二度と手に入らない宝物 二度と帰らない命 この世にあるもののほとんどが二度と元には戻らない それが分かっていながら 人は今日も一歩前へと進む 一度も観たことの無い景色を観るために 歩き続ける 未知への憧れは 誰にも止められない

00:07〜

二度と戻れない旅

二度と手に入らない宝物

二度と帰らない命

この世にあるもののほとんどが二度と元には戻らない

それが分かっていながら

人は今日も一歩前へと進む

一度も観たことの無い景色を観るために

歩き続ける

未知への憧れは

誰にも止められない

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました