【独学でヘブライ語を学ぶ】前置詞

ヘブライ語
この記事は約3分で読めます。

シャローム!ヘブライ語学習者のにこです。

今回は前置詞がテーマです。

前置詞は名詞や代名詞の前に置いて時間や場所などの意味を補助します。

 את(対格標識)

動詞の直接目的語を表す場合、冠詞がついた名詞や固有名詞のように限定された名詞だけ、前置詞 את etが付きます。

この את 「対格標識」と呼びます。

日本語における「〜を」に対応する前置詞ですが、限定されない名詞にはつきません。

את が日本語の「〜を」に対応しない例

例えば עברית ヘブライ語)は非限定名詞であるため「私はヘブライ語勉強しています」は

.אני לומד עברית 

となります。אתはつきません。

さらに動詞 קורא koreは続く前置詞によって意味が変わります。

אתなら「〜を読む」、le-なら「〜を呼ぶ」となります。

例文として

.אני קורא את הספר (私はその本読んでいます)

.אבא קורא לילד (父はその子呼んでいる)

対格標識 את + 接尾代名詞

対格標識 את et に接尾代名詞がつくと「私を」などを表します。

語幹が -אות ot になり、אותי(私を)、אותך(彼を)などとなる。

3人称複数は男性 אותם otam女性 אותן otan

2人称複数は語幹が変化しないאתכם/ן etkhem/n)が、話し言葉では אותכם/ן otkhem/n が使われる。

של(〜の)

前置詞 של は名詞の前に置かれ「〜の」を表します。

前置詞 של接尾人称代名詞が付いた形は以下の通り。

接代単数接代複数
י- iשלי sheli

シェリ

נו- nuשלנו shelanu

シェラヌ

ך- khaשלך shelkha

シェルハ

כם- khemשלכם shelakhem

シャラヘム

ך- khשלך shelakh

シェラフ

כן- khenשלכן shelakhen

シャラヘン

ו- oשלו shelo

シェロ

הם- hemשלהם shelahem

シャラヘム

ה- ahשלה shela

シャラ

הן- hen

שלהן shelahen

シャラヘン

2人称単数の男性と女性は同じつづりだが、発音が違う。

2人称の女性単数と複数形の全てにおいて、של と接尾代名詞の間につなぎの母音aが入る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました