【コンポジットレジン】保険の白い詰め物はメリットがたくさん。だけど多くの歯科医院で普及しない理由とは?

豆知識
この記事は約5分で読めます。
にこ博士
にこ博士

むし歯の治療方法はいくつかあります。

今回はそのうちの一つ、コンポジットレジンについて解説します。

虫歯くん
虫歯くん

むし歯を削った後に歯に詰める材料の1つだな。

にこ博士
にこ博士

にこが働いている医院で最もよく治療に使っているものです。

昔は金属でなければダメだった症例も、材料の進歩によって保険内で白い材料での治療ができるようになってきました。

こんな方向けの記事です

むし歯治療後の銀歯は嫌な方
セラミックインレーなど保険外の治療は望んでいない
むし歯の治療の時に使っている青い光ってなに?

コンポジットレジンとは

コンポジットレジン(composite resin)はセラミック粒子と合成樹脂を合わせた複合材料で、略称で「CR」や「レジン」等とも呼ばれます。

専用のLED照射器で強固に固めて詰める虫歯治療の方法です。

歯の間にむし歯

むし歯を除去しレジンをつめ、光を照射する

完成

にこ博士
にこ博士

むし歯を削った後に青い光を照射しているのはコンポジットレジンを固めるためです。

その日に治療が完了し、白くて金属を使わない材料であり、かつ保険が適用される治療法です。

前歯によく使用されていますが、材料の改良が進み奥歯でも使えるようになってきています。

ですが操作が難しく歯科医師のテクニックに左右される部分が大きいため、奥歯の治療で採用している歯科医院は限られています。

コンポジットレジンのメリット

基本的に処置は一日で終わる
白色なので自然
金属を使用しない
歯を削る量が少なくて済む
保険が適応される(ただし自費で行うこともある)

コンポジットレジンのデメリット

全てのむし歯の治療に使えるわけではない
経年変化で変色が起こる
部分的に欠けたりとれてしまうことがある
操作が難しく治療の良し悪しは歯科医師のテクニックに大きく依存する

日本で多くの歯科医院が銀歯や自費のセラミックインレーをすすめる理由

材料の強度の問題

銀歯やセラミックと比べてコンポジットレジンは強度が弱いです。そのため、コンポジットレジン使える症例は限られます。

たとえば大きすぎるむし歯の治療や、歯がない部分には基本的にはコンポジットレジンが使えません。

・大きなむし歯の治療

・歯がない部分の治療

コンポジットレジンよりも使える範囲の広い銀歯を選ぶ歯科医院もあります。

操作が難しい

コンポジットレジンでの治療はとても操作が難しいです。

コンポジットレジンで治療

銀歯で治療

銀歯と比べると、コンポジットレジンは歯科医の技術が大きく成功率に影響します

銀歯も歯科医師によって上手下手はありますがコンポジットレジンではその差が明確にでてしまいます。

自費診療をすすめたい

銀歯か自費の白い材料の2択であれば自費診療を選んでもらいやすいですよね?

保険が効き、なおかつ白い材料であるコンポジットレジンが選択肢に入ると、患者さんはコンポジットレジンを選びやすいです。

しかし歯科医院にとっては、操作が面倒な上、欠けたりする可能性があり、医院の収益にもなりにくいと経営において都合が悪いのです。

コンポジットレジンの治療をすすめる歯科医院

にこ博士
にこ博士

現状では奥歯や、歯と歯の間をコンポジットレジンで治療する歯科医院は少ないです。

虫歯くん
虫歯くん

コンポジットレジンでの治療は作業が大変。

にこ博士
にこ博士

医院の経営に不利になることをあえてやるのは、患者さんに喜んでもらって歯の健康にもっと意識してもらいたいからです。

コンポジットレジンでは利益が得難いですが、しっかりメインテナンスに来ていただければ患者さんにとっても、医院にとっても良いと考えています。

虫歯くん
虫歯くん

そもそもむし歯にならなければ銀歯や高価な自費診療を考えなくていいからね。

にこ博士
にこ博士

そう言っても保険でのコンポジットレジンには限界があるのも事実です。

奥歯を白い詰め物で治したいと伝えると、自費を勧められることが多いのが現状です。

患者さんが自らコンポジットレジンという治療法があることを知り、実践されている歯科医院を探すしかありません。

コンポジットレジンについてよくある質問

Q1:銀歯からコンポジットレジンに替えられる?

大きくない銀歯であればコンポジットレジンに替えることができることがあります。

ただし、治療後にコンポジットレジンが欠けてしてしまうこともあります。そのような際は、再度銀歯をつくったり自費のセラミックにするか相談となります。

Q2:保険のコンポジットレジンと自費のコンポジットレジン(ダイレクトレジンやダイレクトボンディング法)はどう違う?

自費のコンポジットレジンは歯科医のこだわりが詰まっています。色や形などの質感を天然の歯に近づけます。

保険のコンポジットレジンでは細かい審美性を追求することはできません。

料金はいくらくらい?

保険範囲内のコンポジットレジンの費用は1本につき1,500~2,000円くらいです。

変色することはありますか?

コーヒーやワインなどの嗜好品を好むなどの個人差もありますが、残念ながら次第に変色していきます。

昔に比べて材料が改良してきており着色しにくくなってきています。

まとめ

コンポジットレジンは比較的新しい治療方法だが、材料の改良がすすみ奥歯や歯の間にも使用できるようになってきている。

しかし治療の精度が歯科医師の技術に大きく依存し、(歯科医院にとって)利益のでにくい治療方法であることからまだ日本の歯科治療に浸透しているとは言えない状況。

全てのむし歯治療に使えるわけではなく、経年劣化もするとは言え、患者さんにとっては選択肢の1つとなり得る治療法である。

保険適応の治療にも関わらず全ての歯科医院でコンポジットレジンでの治療を推奨しているわけではないため患者自身がコンポジットレジンという選択肢を知っておく必要がある。

にこからのお知らせ

にこ博士
にこ博士

コンポジットレジンという治療方法は、歯科医にとって技術を磨かなければならないし、利益にもつながりにくいのです。

善意でコンポジットレジンを勧めないところもあれば、経営の点から勧めない医院が混在しています。

虫歯くん
虫歯くん

自分の健康に関することは自分でも勉強する必要があるってことだな

コメント

タイトルとURLをコピーしました