【歯科医おすすめ!最強の歯磨き粉】チェックアップシリーズについて解説

この記事は約3分で読めます。
こんにちわ。にこです。
今回は「チェックアップ」について紹介します。
年齢やお口の状態に合わせて使用することが虫歯予防に効果的です。
チェックアップはそれぞれ用途によって使い分けされていますので、詳しく説明していきます。

★チェックアップ スタンダード

・フッ化物1450ppmFの高濃度配合
・根面露出のない、成人向け
・う蝕リスクの高い方、う蝕を予防したい方
その名の通り、歯磨き粉のスタンダードとなっています。
間違いなく最良の歯磨き粉です。詳細はこちらの記事をどうぞ。

★チェックアップ ルートケア

・フッ化物1450ppmFの高濃度配合
・根面露出のある、成人向け
研磨剤が配合されていないジェルタイプであり、コーティング剤PCA(ピロリドンカルボン酸)が含まれていることから、歯茎が下がって露出した象牙質表面のコラーゲンをコーティングすることで、象牙質を虫歯から守ります。
・う蝕リスクの高い方、う蝕を予防したい方
・知覚過敏が気になる方にも

「最近歯茎が痩せて、歯の根元が出てきた…」という方や「歯がしみる!」といった方に是非。

★チェックアップ コドモ

・フッ化物950ppmF配合
・6歳以上のお子様の、虫歯予防に

●泡立ちが少なくお口の中に溜まりやすい柔らかいペースト

小さなお子様でも長時間しっかりと歯磨きできます

●低研磨性なので、歯や歯肉にやさしい

●キシリトール配合でフッ素と二つの効果で歯を強くできます

味がアップル、ストロベリー、ブドウの3種類で優しい香味になります。

特性上、すすぎの水は少量でOK。すすぎすぎるとフッ素の効果も薄れてしまうので、一回の洗口にしましょう。

★チェックアップ ジェル

check up gel  (チェックアップジェル)はフッ素入りのジェルになってます。

特徴として以下の5つのことがあげられます。

① フッ素がお口の中に長く留まる

② フッ素がお口の中すみずみまで広がりやすいソフトジェル

③ 市販の歯磨き粉などに入っている研磨剤が配合されていないため歯を傷つけない

④ 少量洗口に適した少ない泡立ち

ジェルは泡立ちが少ないため、小さなお子様で、まだうがいが出来ない方にもオススメです

⑤ ライフステージに応じた3種類5香味

・バナナ

・ピーチ

・グレープ

・ミント

・レモンティー

味によって

ミント

・フッ化物1450ppmFの高濃度配合
・う蝕リスクの高い、成人向け

グレープ、ピーチ、レモンティー

・フッ化物950ppmF配合
・6歳以上のお子様の、虫歯予防に

バナナ

・フッ化物500ppmF配合
・5歳までのお子様の、虫歯予防に

うがいが出来ないお子様など、チェックアップジェルバナナ味(500ppm)がいいかなと思います

まとめ

年齢に合わせたフッ素濃度の種類がありますので、ライフステージに応じて適切な歯磨き粉を選びましょう!
※フッ化物1450ppmFの高濃度のものは、6歳未満のお子様への使用は控え、手の届かない所に保管しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました