マルルクちゃんの日常2「おつかい」をネタバレ紹介【メイドインアビス】

メイドインアビス
この記事は約2分で読めます。

マルルクちゃんの日常2「おつかい」をネタバレ紹介

マルルク「うーん・・・」

オーゼン「あたしらは用があるからその間にそれ買ってきな。間違えたら」

オーゼン「お仕置きだからね」

マルルク「お師さま・・・」

マルルク「この地図ぜんぜんわかりません・・・」

マルルク「ん?」

マルルク「わああああ」

ナット「ん」

ナット「ふーん」

ナット「まあ大体の場所はわかるよ」

ナット「俺が連れてってやる」

マルルク「ありがとうございます。えーと」

ナット「ナットだよ。おまえは?」

マルルク「ぼく、マルルクです」

ナット「ぼく?男みたいな言い方すんだなあ」

マルルク「え?」

ナット「ま、いいや。この棒みたいなのさ」

ナット「あの煙突だと思うんだよな」

ナット「だったらさ、こっち回った方が近道だ」

マルルク「詳しいんですね。ナットさん」

ナット「オースは俺の庭みたいなもんさ」

マルルク「ナットさんにあえて」

マルルク「よかった」

ナット「うへぇ」

ナット「お、おおう」

ナット「よっとっ」

ナット「ああ、お前とべるか?」

マルルク「はい」

ナット「無理すんなよ」

マルルク「いえ!お構いなく」

マルルク「あ」

マルルク「あぁ」

ナット「あ、あぶない!」

マルルク「え?」

ナット「(いいにおい・・・)」

ナット「(ん?)」

マルルク「ん・・・ナットさん?」

ナット「わ、わるいっ!」

マルルク「ええ?」

マルルク「あ」

マルルク「このお店です」

ナット「なんだ、ハボさんちじゃねぇか」

マルルク「ありがとうございました」

マルルク「なにかお礼させてください」

マルルク「ぼくにできることなら」

マルルク「なんでも」

ナット「なんでも・・・?」

ナット「ばっ!」

ナット「ばかやろ!さっさとお使い済ませて帰れ!」

マルルク「ナットさん?」

ナット「またなっ!」

オーゼン「へぇ」

オーゼン「くっふふふふ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました